fc2ブログ
〓高校生ほのぼの日記〓
関西のとある高校に通う高校生ひろヒロが、日常の出来事を平凡に、ほのぼのと高校生の視点から見つめる日記。
新しく
近いうちにブログを一新しようと思っています。
いろいろ考えがあっての事で、無性に書きたいことがあり、また今のうちにやっておきたいという気持ちがあるので、急ですけど、リニューアルしようと思いました。

ほのぼの日記おもしろかったですかね?w
あれでも大半の日記が笑いを取ろうとしてたんですが…。ビミョウw
ま、次の日記でも笑いの要素は入れるつもりです。スミマセンw

読んでくれた人たち!今までどうもありがとう!^^
スポンサーサイト



ついに来た…
夏休み…

♪夏休みは~やっぱり~短い~ やりたいこと~が~ 目の前にありすぎて~♪

ってほんとそう思うわ!

特に今年は受験生やから、受験勉強もしないとアカンし遊ばないとアカンし

とにかく3年は登校日が早いから短いねんなぁ…

やから今日も宿題どんどん終わらしたったで!!
俺は、夏休みの宿題は最終日に終わらす人間だったから、最初に終わらせるのは小1以来かな。(小1のとき、終業式の日学校から帰ってきて、全部終わらせた…らしいw)

この調子でいけば宿題は4日で終わるから、受験勉強に集中できる!

勉強に1日の半分費やす勢いで頑張るぞっ!!^^b

文化祭の俺の仕事もひと段落ついて。台本も出来たし!順調!

台本はちょっと目を通すくらいしにして、勉強、勉強!!それでわっ、このへんで!(^^)/







  



















…て俺、セリフ多っ!!
大変
いや~、テスト終わった&やっとネット繋がったさぁ~…。
3、4日繋がらなかってんな~。原因不明で困った。

さて。テスト終わって、やっと開放されたと思ったら


「ひろくん、明日の放課後残れる?」

「なんで?」

「文化祭でやる劇の台本完成させないとアカンねん」








「……(T△T)」

そういえば俺、文化祭の実行委員だったわけで。

そして当日、俺頭が痛くて早く帰りたいなぁ~と思ってた矢先、放課後に専門学校へ行く人向けの説明会があって、台本作成はその後にやると、その日になってから言うもので、1時間以上待つハメになりまして。

段々頭痛も激しくなってきたので、帰って寝ましたとさ。そしたら、8時ころ、委員のやつからノートPCもってファミレスに来てくれと連絡が…もう勘弁してくれよ…。
ファミレス行ってワードに台詞打ち込んで、一眠り。開放されたのは3時間後……死ぬ…。

おかけで今日も、体調が優れません。\(^○^)/ ヤッタネ!


そして、今から塾や~\(^○^)/ オワッタ!


塾の先生「ひろヒロは受験生の割りに勉強してなさ過ぎるから、
     プレッシャーかけたるわ(ニヤニヤ)」
    \(^○^)/ アリガトウ!







































   _| ̄|○

ダムダム
昨日は放課後中学の友達に誘われて、近所の市民センターにバスケをしに行った!
懐かしい友達と会えて嬉しかったっす。

体育館に着くと半分使って空手教室みたいなのをやってたから、俺らも反面使うことに。4人で前面使ったら死ぬ…w

予定は2時間…2時間バスケって…10分やるだけでもキツイのに…
と思ったけど、反面の更に半分しか使わなかったからぜんぜんOKだった!後から1人が加わって5人でプレイ!

みんな上手いなー…付いていくのに必死やったさ。ドリブルで抜けへんから(※まったく抜けなかったわけではないっす(汗)ほとんどゴール下辺りでボール貰ってレイアップしてた…↓
ダンクシュートなんて夢のまた夢ですな↓

やっぱ久しぶりの運動やから、いきなり筋肉痛になったとさ。
さらに、見方のパスがミスって俺の顔面強打。今も鼻が痛いっす…口の中も切れた…↓

やっぱ体動かすのは気持ちいい!^^b
キツイのは嫌やけど…w
優しい歌
体育祭が終わった。
結果は、3つある部門の、優勝、準優勝のどれでも無かった。

俺たちは一生懸命に皆がひとつになって頑張って来たから。どの団にも負けてたまるか、優勝狙いに行くで!!と、毎日練習してきたから。

ホンマに悔しかった…。結果発表が全部終わった時。応援団の皆は泣いてた。周りの団が喜んでいる中で、俺はただただ悔しかった。
こんなに悔しいもんなんやと思った。


体育祭終了後の諸注意を言う先生が、台に上がって、俺らの団に向かって言った。
「君達の団は、トロフィーも表彰状も貰えなかったけど。どの団よりも早く準備に取り掛かり、どの団よりも遅くまで残って練習していたのを、先生は知っています。」


この言葉を聞いた瞬間、嬉しいというより、救われた気持ちになった。俺らの今までの頑張りがすごく輝いたように感じた。



―それから

応援団が解散して、また、ポッカリと穴が空いてしまった。
テンションが低い訳でもなく、気持ち悪い訳でもない。普通に元気に学校生活送ってる。

けど。

なんかしっくりこない。。。
自問自答しても結局答えはでなくて、どうしていいかわからへん。
どーも今の自分が好きになれへん。
甘ったれすぎて、腹が立つ。でもこれが現実。
この俺の甘い心を、美味しく頂く魔物を消さないと…。
駄目になって行く気がする。

こんな時どうすればいいんかな…?

今、真正面にある大きな壁を俺は超えられずにいる訳で。
いつかこの壁を、無理やりでも越えんとアカン時が来る。
超えた時に見える景色が、俺の望んだ景色やといいけど…。
その景色にするのは結局は自分。
なんとしてでもやったるしかない。


…うん!もうちょっと悩んでもいいよな?
そんで何か。今までと違った感じでやって行こう…か!! ね!